格安 中古 外車 を楽しむ!

格安の外車は本当のところどうなのか?実際に購入して検証してみました!
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
突然ですがww 12ヶ月点検前の!事前点検!

さて今月、12ヶ月点検を実施する予定なのですが、その前の事前点検に本日行ってきましたw

テスターで2度目の診断中。


 

中古で購入後、コンディション確認のため、納車の翌週末すぐにテスター診断してもらいました。

その際、BMWで割と多いDSC/ABSのエラーが若干出ていました。

そのときに出たエラーが再度出てるかどうかで12ヶ月点検プラス整備の内容が変わるかもしれないからです。

 

そのため、もしかしたら?将来的に? DSC/ABSの警告灯が点くかも・・・

 

とのことでしたが、その後1ヶ月以上特に何も異常は無く、今回の再テスター診断では異常なしとなりました。

 

 

 

 

したがって、今回の12ヶ月点検プラス整備のメニューが確定しました。

 

 

12ヶ月点検他整備 17,500円

 

エアコンフィルター交換 7,700円

 

スパークプラグ交換 14,760円

 

ATF全量交換/オイルパン交換 99,460円

 

ブレーキフルード交換 4,750円

 

バッテリー交換 26,800円

 

整備費用合計:170,970円

 

 

 

 

 

ドレスアップ系

 

リアウインドウ フィルム施工 38,000円

 

HIDバルブ6000Kに交換 サービス!

 

 

今年の12ヶ月点検&その他整備は、これで行きます。

 

 

 

 

今日は隣にスーパーカーがおりましたww

 

 

 

BMW3シリーズ(5代目モデル)

 

ボディサイズがさらに拡大し、後席の居住性が改善された。エクステリアデザインは、BMWのデザイナー・永島譲司。フロントグリルのデザインにより、4気筒車と6気筒車の判別が可能(4気筒の縦バーはブラック・6気筒の縦バーがクロームメッキ)である。日本向けセダンの大半は、南アフリカ・ロスリンで製造される。E90はセダン、E91はツーリング(ワゴン)、E92はクーペ、E93はカブリオレのモデルコードである。4代目の320は6気筒であったが、5代目の320は4気筒の設定となっている。
ガソリンエンジンは4気筒と6気筒の2種類であり、ディーゼルターボエンジン搭載車も販売される。ランフラットタイヤが採用され、スペアタイヤは搭載されない。6気筒モデルでは、電子制御ステアリングであるアクティブ・ステアリングが設定可能。
サスペンションは、5代目(2005年-)E90/E91/E92/E93以降から、フロントは ダブルリンクのロアアームを持つストラットタイプに移行し、リヤは、E36およびE46のセントラルアームから、BMW初代1シリーズやE39およびE60の5シリーズにも採用された、インテグラルアーム式(5リンク)となった。

 

 

BMW3シリーズ 中古車 を見る(5代目モデル)

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:中古車

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.