格安 中古 外車 を楽しむ!

格安の外車は本当のところどうなのか?実際に購入して検証してみました!
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
BMW 320i 先週末、軽くメンテ

 

さて、前回の記事で買った用品その他で、先週末軽くメンテしました。

 

 

純正クーラントと、お気に入りで他の所有車の方でもリピートしているウインドウウォッシャー液です。

 

ウォッシャー液は、レインX GTフッ素ウォッシャー

フロントウインドウに、フッ素系ガラスコーティングをしている際は、このフッ素系ウォッシャー液が必須になります。

フッ素系ガラスコーティングは、約1年も持つので非常に重宝しますよね!

 

 

そして・・・

ラジエター リザーバータンクを点検してみると、やはり若干ですがクーラントが減っていました。

400ccほどですが補充しておきました。

 

 

こちらのニューテック NC-81 plus オイルシーリングは、知る人ぞ知るオイル漏れ止め剤で、結構、評判の良い製品ですね。

単純に漏れ止め/予防効果だけではない製品なので、BMWなら予防策として入れておくのもアリだと思います。

OEMでピットワーク ブランドでも扱っています。

 

 

ニューテック NC-81 plus オイルシーリング

 

 

オイルの漏れ、にじみを短い時間でシャットアウト。

 

簡単な使用方法で確かな効果を発揮します。
さらにニューテックテクノロジーによって、オイル粘度を変化させずにローフリクションを実現、視覚的にも感覚的にも体感できるオイル添加剤です。
走行距離の伸びたクルマのリフレッシュにもお薦めです。

 

 


効果と特徴

 

1.エンジン、駆動系のオイル漏れ抑止(ATには使用できません)
2.圧縮漏れの抑制
3.オイル下がりの抑制
4.ブローバイガスの抑制
5.フリクションロスの低減
6.メカニカルノイズの低減
7.湿式クラッチに使用できる成分を調整配合

 

 

 

施工後短い時間で効果を発揮
レーシングテクノロジーから生まれたNC-81plus OIL SEALINGは、オイル漏れや圧縮漏れを素早く止める高機能素材を配合し、気密系を向上させオイル漏れを抑制します。さらに、ニューテックならではのエステル100%の化学合成油をベースオイルに使用しているので、低フリクション化と高温安全性に優れるオイル添加剤です。

 

 

 

ご使用方法

オイルが劣化している場合は予め新油に交換してからNC-81plus OIL SEALINGをご使用ください。
使用する前に容器をよく振ってから注入してください。
暖機運転後エンジンを停止して、オイル注入口から注ぎ、その後30分程度アイドリング運転してください。
その後走行すると除々に効果を発揮し、安定持続します。
添加量目安はオイル2〜5リットルに対して1本(200ml)です。添加割合6〜10%
エンジンオイル以外にご使用の場合はオイルと本製品を別容器で溶いてから充填していただければ、より良い効果が期待できます。
エンジンオイル以外にご使用のときも、適応部位の暖気と注入後の運転が必要です。

 

 

 

 

BMW3シリーズ(5代目モデル)

 

ボディサイズがさらに拡大し、後席の居住性が改善された。エクステリアデザインは、BMWのデザイナー・永島譲司。フロントグリルのデザインにより、4気筒車と6気筒車の判別が可能(4気筒の縦バーはブラック・6気筒の縦バーがクロームメッキ)である。日本向けセダンの大半は、南アフリカ・ロスリンで製造される。E90はセダン、E91はツーリング(ワゴン)、E92はクーペ、E93はカブリオレのモデルコードである。4代目の320は6気筒であったが、5代目の320は4気筒の設定となっている。
ガソリンエンジンは4気筒と6気筒の2種類であり、ディーゼルターボエンジン搭載車も販売される。ランフラットタイヤが採用され、スペアタイヤは搭載されない。6気筒モデルでは、電子制御ステアリングであるアクティブ・ステアリングが設定可能。
サスペンションは、5代目(2005年-)E90/E91/E92/E93以降から、フロントは ダブルリンクのロアアームを持つストラットタイプに移行し、リヤは、E36およびE46のセントラルアームから、BMW初代1シリーズやE39およびE60の5シリーズにも採用された、インテグラルアーム式(5リンク)となった。

 

 

BMW3シリーズ 中古車 を見る(5代目モデル)

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:中古車

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.