格安 中古 外車 を楽しむ!

格安の外車は本当のところどうなのか?実際に購入して検証してみました!
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
BMW 2度目の洗車に行く途中トラブル発生w

今日、本当は2度目の洗車の記事を書くつもりだったのですが・・・

 

洗車場に向かう途中、トラブル発生!

 

ええ!?

 

オーバーヒート?!

 

 

水温警告が出てしまいまして・・・

 

 

洗車場行く道の途中にある、整備工場付きの外車の中古販売店(運良くその店の近くで水温警告が出た)に飛び込みww

 

エンジン停止して診てもらいましたが、水漏れも全く無く、メカニックの方も???状態。

 

確かに直前までは水温警告のレッドサインが出ていまして、

 

「エンジン停止してディーラーへ行け!」

とのメッセージがモニターに出ていました。

 

再度エンジン始動して、しばらく様子みてみるも・・・

何も異常サインは出なかったので、

 

お礼を言って中古車店を出て洗車場に向かいましたが、洗車場に着いたのが遅くなってしまい、薄暗くなってしまったので写真が撮れず(汗

 

 

画像は前回のを使い回しますwww

洗車後ww

 

まぁ同じなのでww

 

 

結果的には異常無かったようなのですが、思い当たることが。

 

そのトラブルが起きる前、約1時間ほどATのマニュアルモードを使用して、MTのようにシフトしながら走行していました。

 

何度か自分の希望?するギアを選べず、MTモードでレバーをパカパカ弄って、強引にギアを変えようとしていたいたことがあったのですが、そのうち、何故かMTシフトの操作をほとんど受け付けなくなりました。

 

発進後、シフトアップしてもギアが変わらず、低いギアで引っぱり続けたり、シフトアップ操作が受け付けられないような状態になってしまっていました。

 

これはマズイ!と思って、Dモードへ戻したのですが、Dモードでもいままで2速発進だったのが、1速になり、低いギアで引っぱりぎみになるようになりました。

 

 

ATのシフトタイミングが、なんかおかしい状態になっていました。

 

 

仕方が無いので洗車場に着いたら、またATの学習をリセットしようと思い、洗車場に向かっていたところ、渋滞でタラタラ走行中に突然オーバーヒートぎみに。

渋滞走行中も、2速固定で充分でシフトする必要ないはずなのに?やたらギアシフトしているような感じがしていました。

 

恐らく原因は・・・

 

E90は、ATFの冷却にもエンジンのクーラント(冷却水)を使っていて、共用しています。

ATが異常なシフトを繰り返しているうちに、ATフルードの油温が上がり過ぎ

その油温上昇に引っぱられてエンジンの水温も上がってしまったのでは??

 

と推測しています。

 

このATの異常シフトが無ければ、単純にウォーターポンプか、サーモ不良かと思うのですが。

 

その証拠に、オーバーヒートで飛び込んだ中古車店を出た後、何故かATのシフトタイミングが正常に戻っており、帰宅するまでまったく異常が出なかったのです。

1速発進になってしまっていたのも2速発進に戻っていて、変な低ギアでの引っぱりも無くなっていました。

 

たぶん、大丈夫だと思いますが一度、温度計レッドサインを出して

5分ほど走行し続けてしまったので、ちょっとエンジンが心配です。

中古車店で停止した際、エンジンから水蒸気等はまったく出ておらず、エンジンのアイドリングも特に異常はなく、その後も特にエンジンに異常はみられませんでしたが、念のため純正クーラントを注文して後日、冷却水量を確認することにしました。

 

 

 

BMW3シリーズ(5代目モデル)

 

ボディサイズがさらに拡大し、後席の居住性が改善された。エクステリアデザインは、BMWのデザイナー・永島譲司。フロントグリルのデザインにより、4気筒車と6気筒車の判別が可能(4気筒の縦バーはブラック・6気筒の縦バーがクロームメッキ)である。日本向けセダンの大半は、南アフリカ・ロスリンで製造される。E90はセダン、E91はツーリング(ワゴン)、E92はクーペ、E93はカブリオレのモデルコードである。4代目の320は6気筒であったが、5代目の320は4気筒の設定となっている。
ガソリンエンジンは4気筒と6気筒の2種類であり、ディーゼルターボエンジン搭載車も販売される。ランフラットタイヤが採用され、スペアタイヤは搭載されない。6気筒モデルでは、電子制御ステアリングであるアクティブ・ステアリングが設定可能。
サスペンションは、5代目(2005年-)E90/E91/E92/E93以降から、フロントは ダブルリンクのロアアームを持つストラットタイプに移行し、リヤは、E36およびE46のセントラルアームから、BMW初代1シリーズやE39およびE60の5シリーズにも採用された、インテグラルアーム式(5リンク)となった。

 

 

BMW3シリーズ 中古車 を見る(5代目モデル)

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:中古車

故障/修理 | 19:41 | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.