格安 中古 外車 を楽しむ!

格安の外車は本当のところどうなのか?実際に購入して検証してみました!
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
次回のメンテナンスメニューは?その1

納車後の各種点検、エラーチェックでは、特に深刻なエラーや故障等は無く、

前回の納車後点検

 

37,000kmという走行距離の少なさ通り、極上車の太鼓判を頂いた、愛車BMW 320iですが、来月12月に1年点検が控えています。

多少エラーは出ていたようですが、購入時からずっと今まで警告灯の点灯はまったくありません。

 

 

と言っても・・・

 

12ヶ月点検のみ の費用自体は、20,000円程度で大したことありませんが・・・

その際依頼する予定の消耗品交換や、さらについでに依頼する予定のドレスアップ/カスタムも入れると、結構いきそうな気がして来ましたww

 

 

前回の点検に行った際、ついでに、12ヶ月点検その他もろもろ の見積もりもして頂いたんですが・・・

 

 

12ヶ月点検プラスその他 見積もり

あれもこれもと色々入れてみたら、250,000円超になってしまいましたww

 

 

大まかな依頼内容は以下です。

 

12ヶ月点検

 

エアコンフィルター交換

 

スパークプラグ交換

 

ATF交換

 

フロントブレーキパッド/ブレーキローター交換

 

リアブレーキパッド/ブレーキローター交換

 

ブレーキパッド残量センサー4輪交換

 

ブレーキフルード交換

 

 

 

上記の中で割りと費用がかかるのがATF交換ですが、これは個人的にどうしても外せません。

ブレーキ関係は、今回特にやらなくても大丈夫な部分なので、この辺を外してみる予定。

 

が、しかし、ついでのカスタム分を入れたら、結局あまり変わらないかも?www

 

 

 

BMW3シリーズ(5代目モデル)

 

ボディサイズがさらに拡大し、後席の居住性が改善された。エクステリアデザインは、BMWのデザイナー・永島譲司。フロントグリルのデザインにより、4気筒車と6気筒車の判別が可能(4気筒の縦バーはブラック・6気筒の縦バーがクロームメッキ)である。日本向けセダンの大半は、南アフリカ・ロスリンで製造される。E90はセダン、E91はツーリング(ワゴン)、E92はクーペ、E93はカブリオレのモデルコードである。4代目の320は6気筒であったが、5代目の320は4気筒の設定となっている。
ガソリンエンジンは4気筒と6気筒の2種類であり、ディーゼルターボエンジン搭載車も販売される。ランフラットタイヤが採用され、スペアタイヤは搭載されない。6気筒モデルでは、電子制御ステアリングであるアクティブ・ステアリングが設定可能。
サスペンションは、5代目(2005年-)E90/E91/E92/E93以降から、フロントは ダブルリンクのロアアームを持つストラットタイプに移行し、リヤは、E36およびE46のセントラルアームから、BMW初代1シリーズやE39およびE60の5シリーズにも採用された、インテグラルアーム式(5リンク)となった。

 

 

BMW3シリーズ 中古車 を見る(5代目モデル)

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:中古車

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.