格安 中古 外車 を楽しむ!

格安の外車は本当のところどうなのか?実際に購入して検証してみました!
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
BMW 定番? オイル漏れを考察

BMW、定番のトラブル? 

 

と言われているオイル漏れ

 

ですが、はたしてそれはお約束なのだろうか?

 

それが今回のお題です。

確かに私の車両も中古で購入時、すでにエンジンオイル漏れありました。

購入時の走行距離は、37,000キロ。

納車された翌週末の2017年10月末、すぐに近所の外車専門整備工場に持ち込み、状態チェックをして頂いたところ、

 

http://bmw-life.jugem.jp/?day=20171029

 

やはりオイルパン周辺に 軽微な エンジンオイル漏れが確認されました。

 

 

 

しかし、本当に 軽微なもの に過ぎなかったです。

 

 

 

何故ならその後、1年間そのままの状態でも、オイル量の減りがほとんど無く・・・

結局、そのオイル漏れの修理をしたのは、納車後点検から、1年も!後の車検の時ですんだからです。

 

 

ネットで同系車種、E90 オイル漏れ 等で検索してみると、実は結構出て来ます。

中には数千キロでオイル補充しなければならないほど減ってしまうとかいう事例もあり、また、元々オイルが減るエンジンだとの記述もありました。

 

しかし、私の車両の場合はオイル量の減りは、ほとんどありませんでした。

 

漏れが確認されているにも関わらずです。

 

5,000キロ毎に、エンジンオイル交換をしていたせいもあるかもしれませんが、オイルを継ぎ足して補充するような必要は全くありませんでした。

 

E90辺りから、BMWでは純正エンジンオイルがロングライフオイルとなり、BMWジャパンでは、約25,000キロほどまでオイル交換は必要無しと謳っています。

 

BMWジャパン担当者の談

https://www.webcg.net/articles/-/814

 

 

メーカー側の言い分を聞いてみることにした。突撃インタビューしたのはBMWジャパンでアフターセールス・ディビジョンのテクニカル・サービス・マネジャーを務める加瀬俊一さん。メンテナンスについては博識で、ドイツの本社とも密接な関係にある。

今回話をうかがったBMWが掲げるスペックは圧倒的だ。ざっと調べたところ、オイルの交換インターバルは、同じドイツ系のメルセデス・ベンツが1万kmフォルクスワーゲンとアウディが1万5000km国産ではトヨタが1万5000km(シビアコンディションで7500km)、日産もほぼ同条件を推奨する中、

 

BMWはダントツの3万km! 

 

圧倒的なノーメンテナンス性をうたう。

 

……って、加瀬さん、その距離の根拠は!?

 

「最初に言っておきたいのは、走行距離はあくまでも目安ということです。

唯一絶対的な基準があるとしたら年月。BMWでは24カ月たったら交換するようにしています」。

 

なるほど。前も書いたが、オイルの劣化度合いは、走行距離以上に使用環境の違いに左右される。例えば日本のように渋滞が多く、低速走行やストップ&ゴーが多い国と、ドイツのようにほとんど止まらずぶっ飛ばせる国とでは同じ1万km走行でもオイルの劣化は全く違ってくるわけで、距離はあくまでも目安にしかならない。24カ月って基準そのものもすごいが、では個別の交換インターバルはどう判断しているのか?

「クルマ自体が計算しています。あとどのくらいで交換が必要なのかは、インジケーターに表示されます」。

 

どういう根拠で計算を?
「いろんなパラメーターを見てますが、一番重要なのはインジェクターの開弁時間の積算。これは負荷の総和になります」。

インジェクターの開弁時間とはつまり、燃料をどれだけの時間、どれだけの量吹いたかを示すものだ。なるほど、確かにそれに比例してオイルは汚れるのかもしれない。そのほか、オイルそのものについてもセンサーを使った計測(弱電流を流し抵抗値でオイル内のカーボン量をチェックする)も行うなど、総合的なデータを元に状態が診断されている。

そのほか、オイル劣化はブローバイガス(燃焼室から漏れる未燃ガス)の影響も大きいそうだ。

 

そして、長い交換インターバルの根拠となるのが、BMW専用のロングライフオイルだ。これは、2002年のE90型「3シリーズ」あたりから推奨されているもので、「クルマを構成するパーツのひとつとして開発したもの」という。

同社のロングライフプランも、このあたりから始まっている。
「非常に技術的な話で、正確にお答えするのは難しいんですが、それこそBMWが作るエンジンのスペックに合わせて開発されたものです」

 

賢明な?方は上記のインタビューを読んでも、

 

何バカなこと言ってんの!

 

てなるでしょうwww

 

エンジンオイルを長期間(長距離)交換しないでいると、劣化してしまうのは オイルだけ ではありません。

それに関連した 部品も劣化 してしまいます。

 

特にエンジンに使われているゴム製のパッキンやガスケット類ですね。

長期間熱に曝されると、硬化してシール性が失われていきます。

 

 

そうなると、当然、オイル漏れするわけです。

 

 

つまり、オイル漏れは、その無謀にロングライフ可した、やり方にあるのでは?

と思うのです。

 

 

 

M3ルック リアバンパー セット 安売り中!オークション等の3分の一の価格!

 

 

 

BMW 中古車 50万円から


 

にほんブログ村 車ブログ ドイツ車へ



JUGEMテーマ:中古車
 

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.